【妖怪まんが】だんじり好きの吉兵衛さん

トメやん01

トメやんとのた坊主

地車吉兵衛

「野崎のトメやん誤解される」の続きです。
トメやんについてはこちら。

【妖怪まんが】野崎のトメやん誤解される
やっと大阪の狸登場! ふしぎあんさんからトメやん団子をいただいて、大阪に名前のある狸伝説があると教えていただいていたのです。あれか...

2コマ目ののたの台詞は
「久しぶりにお前さんの所に来たので酒が飲みたいと思って」
「蔵にたくさんあったので桶に入れて来たんだ」
と言ってます。

初登場の吉兵衛さん。
トメやんに続いて大阪の化け狸です。

堀川戎神社でお祀りされております。

北区扇町公園の敷地は、もと大阪堀川監獄があったところでした。
ここに「地車稲荷」という小祠があり、吉兵衛狸が「チキチン、コンコン、チキチン、コンコン」と囃したといわれています。(大阪妖怪・伝承探訪

地車吉兵衛は祭囃子の音の怪みたいですね。

ま、なぜか描いてみたら残念なイケメン狸みたいになってしまったんですが(笑)
野崎のトメやん
地車吉兵衛(だんじりきちべえ)

大阪大東の民話を集めた「ふるさと大東」に乗ってる話ではトメやんは吉兵衛さんに膝まづいて教えをこい化け方を教わってて、吉兵衛さんは村人にも一目置かれてます。「アカデンチュウ歩」の世界では普通に友達みたいです。たぶんイタイ奴だと思いますw
あと、のたのかわいさは異常(笑)

妖怪、伝承に詳しいような人が集まるところに行くとだいたいいつも「名前のある狸を探してます」と言ってます。
名前のある狸の情報をお持ちの方はお知らせいただけると幸いです。
あと描きたいのはねぇ、三重のおヨネ!
いつになるやらですが。


スポンサーリンク