【本】桃山ビート・トライブ

桃山ビート・トライブ (集英社文庫)

秀吉の統治した桃山時代を舞台にしたバンド小説。
サムライ・ダイアリーがおもしろかったので読んでいました。
【本の感想】鸚鵡籠中記異聞サムライ・ダイアリー

登場人物のキャラクターがライトで好ましかったのですが、鸚鵡籠中記の朝日文左衛門がすごく好きだったので比べてしまうと少々物足りなかったかな。主要人物が4人いるということで鸚鵡籠中記とは比べられないのかもですが。
歴史的事実ともリンクしていておもしろかったです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク