スポンサーリンク

発達障害の本

さっき更新した「僕にとって君は猫」プロジェクト完了のお知らせエントリーの下の方に書こうかと思ったのだがこちらに。 この漫画は自閉症の女の子が主人公なのですが、最近読んだ発達障害の本。 献本でいただいたのですが、主...

【本】0点主義 新しい知的生産の技術57

本書は「テストなんて0点でいいよ」という内容ではないです(笑) 「自分の好きな勉強をしましょう、その方が楽しいよ」という内容でありながら、「学校の勉強も、こなさなければならない自分の仕事も、それを楽しんでみようよ。(そうすると)やりた...

【妖怪本】おきなわ妖怪さんぽ

妖怪、マジムン、幽霊は、君の住む近所にもいた!? ほんとうは怖いおきなわの伝説を、迫力のイラストと地図・写真で紹介した決定版! 沖縄の出版社ボーダーインクより発売されました。 著者は怪談作家、ライターの小原猛さん。 琉球怪団とい...

【本】大吉先生の「年齢学序説」<文庫版>

文章読んでると、タレント本とか芸人本って感じじゃないですよね。 お笑いとかテレビ史研究してる人の著書みたい(笑) 内容は大吉先生の「選ばれし者は26歳の時に時代を摑む」という仮説のもと、お笑い芸人、スポーツ選手、ミュージシャン、...

【本】名古屋力 妖怪篇

名古屋の現代美術作家、山田彊一先生の妖怪本。 ふとしたきっかけで急速に妖怪にハマってしまったらしい山キョー先生。 私が山田先生を初めて拝見したのは一昨年のふる怪名古屋でした。 ふる怪名古屋に行ってきたよ | きつね胡乱 ...

【本】桃山ビート・トライブ

秀吉の統治した桃山時代を舞台にしたバンド小説。 サムライ・ダイアリーがおもしろかったので読んでいました。 【本の感想】鸚鵡籠中記異聞サムライ・ダイアリー 登場人物のキャラクターがライトで好ましかったのですが、鸚鵡籠中記の朝日文...

【本の感想】鸚鵡籠中記異聞サムライ・ダイアリー

尾張藩の朝日文左衛門の日記である「鸚鵡籠中記」をもとにした小説。 藩に収められた「鸚鵡籠中記」は表本であり実はもっと赤裸々に書かれた日記「秘本 鸚鵡籠中記」というのがあった。 主人公の文左衛門が18の時から日記を書きはじめ、死ぬまで...

【本の感想】14歳からの社会学

「ノンフィクションが読みたいよーなんか貸してけれ」と言って借りました。 タイトル通り中学生向けとして書かれた社会学の本です。 読みやすくておもしろかったです。 印象的だったのは『<生>と<死>』。 社会の中の死と世界での死といっ...

眺めるのがおもしろい豪華本

去年のことですが、観てなくとも買い。『おおかみこどもの雨と雪 ARTBOOK』レビュー | 彦左虎肉丸を読んで、これは買いだと思って買ってしまいました。 たしかにカラーの資料と思えば2,600円は安いですね。 3DCG作業画面とかも...
スポンサーリンク