巡礼狼

巡礼狼。
備中玉島(現岡山県倉敷市)から矢掛(小田郡矢掛町)へと抜ける富ヶ峠でいう妖怪。狼の変化。ある男が峠を通りかかると、老いた巡礼がやってきて、矢掛に出るにはどう行ったらいいかなどと尋ねてきた。この声が異様だったので、男は無視して足早に過ぎ、振り帰ってみるとそこには大きな狼がいて、松明のような目を輝かせて睨んでいたという。『大語園』岩谷小波編(妖怪事典 P188)

osato
osato

岡山妖怪です。
岡山と言えば思い浮かべるのが牛窓なんですよねー。

アカデンチュウ歩
アカデンチュウ歩

 

osato
osato

そう、件の漫画を描いてますからね。
あと狸もけっこう多そうなんですよね。

アカデンチュウ歩
アカデンチュウ歩

岡山文庫の「岡山の妖怪事典-妖怪編-」に多くの狸が活躍したとあるね

 

osato
osato

そう、その「岡山の妖怪事典-妖怪編-」に巡礼狼は載ってないみたい
だから「妖怪事典」に載ってること以上のことはわからない

 

アカデンチュウ歩
アカデンチュウ歩

なんか知ってる人いたらゆるぼ
ゆるぼ~(緩募集)

【卯太皐クダン】「鬼を語れば」前編|お里/ 河内愛里 |note(ノート)

応援してね
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
妖怪イラスト
スポンサーリンク
お里をフォローする
きつね胡乱