お里湯妖怪展 白沢温泉の中身 その3

狂骨
8月に開催しました「お里湯妖怪展 白沢温泉」のレポート3回目です。
お知らせとか色々間にはさんで延び延びになってます。
お里湯妖怪展 白沢温泉の中身 その1 | きつね胡乱
お里湯妖怪展 白沢温泉の中身 その2 | きつね胡乱

スポンサーリンク

壁面の絵と妖怪扇子

青蛙神と妖怪扇子
青蛙神
「青蛙神」岩絵具 F3号

青蛙神(せいあじん、ちんわせん)、鍾馗、水虎、ぬらりひょん

白沢先生
青蛙神(せいあじん、ちんわせん)
中国の妖怪。
蝦蟇仙人が従えている三本足の蛙の霊獣とされる。
3本の内訳は前足が2本、後足が1本。
天災を予知する力を持つ霊獣もしくは神。
大変に縁起の良い福の神とされ「青蛙将軍」、
「金華将軍」などとも呼ばれる。

白沢先生
鍾 馗(しょうき)
中国の民間伝承に伝わる道教系の神である。
京都の京町家など近畿~中部地方では魔除けとして
屋根に鍾馗の人形が置いてあるので
京都に行った際は見つけてみるとよい。


鍾馗の写真を見る

白沢先生
水 虎
中国の古書『本草綱目』に記されている、
湖北省の川にいたという妖怪。
普段は水中に潜っており、
虎の爪に似た膝頭だけを水上に浮かべている。


水虎の写真を見る

白沢先生
ぬらりひょん
どのような妖怪かは不明。
勝手に家に上がりこんでいたり、
妖怪の総大将というイメージがあるのではないかな。
児童書やアニメで有名になったようだ。


ぬらりひょんの写真を見る


妖怪団扇と妖怪扇子
手の目、蟹坊主、七尋女房、おとら狐、斉天大聖

白沢先生
手の目
江戸時代の怪談集『諸国百物語』にある。
ある男が七条河原の墓場に肝試しに行ったところ、
80歳くらいの老人の化け物に襲われ、
その化け物には手の平に目玉があった。
鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に描かれた妖怪。


手の目の写真を見る

白沢先生
蟹坊主
日本各地の寺院などに伝えられている蟹の妖怪。
無住の寺に旅の僧が泊まる。
夜中に何者かが現れ、
「両足八足、横行自在にして眼、天を差す時如何」などの
問答を仕掛けるが、旅の僧はこれを蟹の化け物と正体を
暴いて退治する。


蟹坊主

白沢先生
七尋女房
島根県、鳥取県に伝わる妖怪。
身長7尋(約12.6メートル)もある巨大な女性の妖怪。


七尋女房の写真を見る

白沢先生
おとら狐
愛知県南設楽郡八名郡でいう、人に憑く狐。
憑かれたものは左の目から目やにを出し、左足の痛みを
訴えるそうだが、これはおとら狐が片目片足だということに
起因するらしい。
おとら狐は憑いた者の口を借りて
長篠合戦の話をする。
長篠合戦の見物をしている時に
流れ弾に当たり左目が傷ついたのだとか。


おとら狐の写真を見る

白沢先生
斉天大聖
中国の神。
西遊記の主人公孫悟空が作中で名乗った称号でもある。


斉天大聖の写真を見る

今日で終わりにしようと思ってましたが、あまりに時間かかるのでとりあえずここまで。
あと4つです。