雨工

妖怪扇子百の後半の方載せてないのあったんですよね。
そういえば雨工は載せたかしら?と思って調べたら載せておりませんでしたのでご紹介。

雷雨に伴つて降るといふ獣(大漢和辞典)

羊にそっくりらしい。
私が雨工を知ったのは斎宮歴史博物館の羊型硯の話を読んだからです。
大漢和辞典に載ってるということで中央図書館に見に行きましたよ。

応援してね
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
妖怪扇子
スポンサーリンク
お里をフォローする
きつね胡乱