エビ・カニ博物画展に行ってきました


杉浦千里 エビ・カニ博物画展に行ってきました。
博物画ってただ見て描くだけじゃなくて、測って正確に絵にしていくんですね。
対象物であるエビやカニは海から連れてきたり市場で買ったりするんですって。
死ぬと色が変わるので写真に撮って、対象物は保存処置をする。
正確に形を取った画はエアブラシを使って立体感を出し、微妙な色の変化を表現し、毛の一本一本まで緻密に描き込んでいく。

この天才博物画家と言われる杉浦千里さんの展覧会は関西初らしいですよ。
原画すごかったです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク