片脚上臈

愛知県八名郡山吉田村(南設楽郡鳳来町)栃の窪から、はだなしの山へかけての山中でいう妖怪。
美しい片足の上臈(身分の高い女官)だといわれ、ヒメンジョロウ(姫女郎)ともいう。

山に紙緒の草履を履いて行けば、必ず片脚上臈に片方を取られるともいった。

『猪・鹿・狸』早川孝太郎 『総合日本民俗語彙』民俗学研究所編 日本妖怪大辞典より

片脚上臈です。
イラストは裸なので折りたたみますね。
ご覧になる方は続きをどうぞ。



このモノクロ版は愛知妖怪画談に寄稿したものです。

スポンサーリンク