DINERおもしろかった


前半、主人公が人生に蹴つまづいて暴力にさらされる所を読んだ段階では「夢に見そうなほどコワい」と思ったんですが、全体的には主人公の成長する物語であり、ひどいとこも含めて人生を肯定するような内容だったから読後感はすごくよかったですよね。
平山夢明さんの物語は美しいのですよね。
DINERの前に「メルキオールの惨劇」を読んだ時にもそう思ったんですけど、どうしてそう思うのかちょっとわかったような気がする。
短編集「他人事」「ミサイルマン」や「独白するユニバーサル横メルカトル」も読みました。
「異常快楽殺人」も読んだほうがいいでしょうか。


今これ読んでます。
知らないことがいっぱい。

応援してね
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
つれづれ
スポンサーリンク
お里をフォローする
きつね胡乱