おとら狐

愛知おもてなし妖怪隊に「おとら狐」描きました。

おとら狐:人間に取り憑き、様々な悪戯する妖怪。取り憑かれた者は左眼から眼脂を流し、左足が病むという。これは、かつて長篠の戦いで鉄砲の流れ弾を受けたためと言い伝えられている。(「郷土研究 四巻七号」早川孝太郎 編/郷土研究者 発行)でらこわ怪談より

愛知ツアーで狐いっぱい見たから狐描きたかったんですよねー。
ブログタイトルが「きつね胡乱」なんで「きつね イラスト」で検索できてくれる方がいるようなのですが、今まで一枚も狐の絵がなかったのです。
これで一応狐のイラストもあるサイトにw いやー、よかったよかったw

スポンサーリンク